WizWe Lab. WizWe総研

習慣化プラットフォーム「Smart Habit」の仕組みや運用方法を改善することで、WizWeが提供するサービスをより精度の高いものにするため、 WizWe総研では、学術的な研究手法に基づいたデータ分析を、専門の研究員が行っています。

習慣化の理論は、心理学や行動経済学の領域で古くから検討されてきていますが、私たちWizWe総研も、より有用性の高い習慣化理論の構築を目指しています。そして、研究を通じて、多くの人の習慣化が容易に成功し「なりたい自分」に近づける社会の基盤づくりに取り組んでいます。

「WizWe総研の役割」主任研究員インタビュー

WizWe Lab. WizWe総研

丹野 宏昭(タンノ ヒロアキ)

WizWe総研 主任研究員

筑波大学大学院 人間総合科学研究科 心理学専攻(博士)社会調査士。専門は社会心理学。博士号取得後、東京福祉大学心理学部にて講義および研究に従事。これまでの研究テーマは「友人関係と適応の発達的変化」「人狼ゲームを用いたコミュニケーショントレーニング開発」「対人関係ゲームを利用した学級システムプログラムの開発」「広域災害時の被災看護師のストレス反応」など。
2021年4月WizWeに入社しWizWe総研 主任研究員
執筆:『人狼ゲームで学ぶコミュニケーションの心理学-嘘と説得、コミュニケーショントレーニング』『対人関係を読み解く心理学-データ化が照らし出す社会現象(共著) 友人関係』『質問紙調査と心理測定尺度―計画から実施・解析まで(共著) 心理測定尺度の探し方・使い方』 など。

インタビューを読む

美河 正浩(ミカワ マサヒロ)

WizWe総研 所長

インタビューを読む

森谷 幸平(モリタニ コウヘイ)

WizWe総研 研究員 兼 WizWe代表取締役

代表メッセージ

森山 健(モリヤマ ケン)

ケイスリー株式会社取締役 WizWe総研 客員研究員 兼 アドバイザー

ジョンズ・ホプキンス大学工学大学院卒業後、ゴールドマン・サックス入社。投資会社ポートフォリオ・マネージャーを経て、2018年にケイスリー取締役に就任。CFOとして資金調達を担当する傍ら、行動科学×人工知能で人々のより良い意思決定を促進するデジタル通知サービス『BetterMe』を立ち上げる。その後、行動支援方法の個別化に係る特許第6935118号の取得、勘や経験でなく科学的根拠に基づく行動支援手法の作成支援ツール『ナッジメーカー』の発明など、成果と再現性の高い施策を実現するための手法を次々に開発。
現在は、これまで得た行動科学の知見を集約した人工知能『ナッジAI』の開発を推進中。

行動科学で地域課題解決を目指す非営利活動法人Policy Garageの理事も務める。産学連携の橋渡し役として、英オックスフォード大学客員研究員(2017〜2020)なども歴任。

Strength WizWe総研の強み

WizWe総研には、習慣化プラットフォーム「Smart Habit」を通じて、大量のデータが日々蓄積されています。
習慣化を目指して、泥臭くフォローながら最後まで伴走した「血と汗と涙の行動介入データ」から、その結果としての「行動結果のビッグデータ」、さらに最終的な「学習結果や健康数値結果の成果データ」まで、生きたデータが今この瞬間も即時にどんどん蓄積されています。

蓄積されたデータをデータサイエンティストが学術的に分析。文献研究によって、社会心理学や行動経済学の学術理論による裏付けも行いながら、研究の成果を導出しています。

さらに、研究成果を「Smart Habit」に反映。その結果は、また新たなデータとして蓄積され、次の研究へとつながっていきます。

実践と研究を繰り返すことで、机上の空論ではなく、私たちが生きる実社会に還元できる研究成果を導き出せると考えています。