新着情報

【エンジニア等の高度外国人材向け】ゼロレベルから学べる日本語eラーニング「Japanese E-Learning」をリリースします。 2018.12.05

この度、語学学習など「人がやり抜くメカニズム」Wiz Heartを展開する株式会社WizWe(本社:東京都千代田区、代表取締役:森谷 幸平)は、外国人材の採用・育成支援を手がける株式会社オリジネーター(本社:東京都渋谷区、代表取締役 長谷部裕樹)と共同で、エンジニアなどの高度外国人材を対象に、ゼロレベルから学べる日本語eラーニング(英語圏対象、新商名 Japanese E-Learning)をリリースいたします。

当社では、2019年4月から施行予定の外国人の在留資格変更も視野に入れ、「今後急速に増える外国人材」と「深刻な日本語講師不足」のギャップを埋める日本語ソリューションを提供してまいります。

WizWeの強みである「人がやり抜くメカニズム」は日本語eラーニングへも組み合わせ可能です。これにより、世界中どこにいても、講師がいなくても、全くのゼロから受講者が自ら日本語学習をやり抜き、初級日本語が身につけることが可能となります。

<特徴>
① 反射のメカニズムを応用した超速メソッドを採用
繰り返し「何度も聞く」そして「何度も答える」反射のエクササイズを繰り返すことで、非常に速いスピードで、日本語の習得が可能となります。全てのエクササイズは音から入るため、自然にナチュラルスピードの日本語が聞けるようになります。
このメカニズムは、大手中心に600社に導入され日本人がゼロから初級の中国をマスターする際に高い評価を受けているWizWe社の「超速中国語」のメカニズムを独自に応用発展させたものとなります。

② 日本語で必要となる文法の70%をカバー、中核となる文法項目は全て習得可能
日本語のコミュニケーションで必須となる文法コミュニケーションは、ほぼ全てカバーされており、学習完了することで、日本語の文法基盤がしっかりと身につきます。
丁寧語、敬語など仕事のシーンでそのまま使える、きれいな日本語が身につきます。

③ スマートフォンに最適化され、どこの国でも学習可能
インターネットに接続されていれば、国や地域を問わず学習が可能です。各地域の通信速度にあわせ、最適化されるため、欧米問わず、アジア、インド、アフリカや南米などでも学習できます。

④ 効率的に日本語能力試験(JLPT)のN4レベルに到達可能
日本語のプロが数多くの日本語教材を研究して創り上げたコンテンツであり、効率よくN4レベルに到達出来る設計になっております。日本語ゼロレベルでも、集中して学習すれば2~3ヶ月でN4レベルの文法力へ到達できます(ただし、英語圏対象のため、漢字については除く)。

⑤ 「人がやり抜くメカニズム」も組み込み可能で、講師がいない地域でも成果が上がる
WizWeが培ってきたメカニズムは、日本語eラーニングにも組み込みができるため、講師が不足していない場合や、講師が行けない地域の人へも日本語教育が提供できます。
受講者が、「自ら内発的動機を燃やし」、自ら主体的に日本語を継続学習していきます。
大手IT企業による本eラーニングを用いたテスト導入により、多様な国籍の受講者でも、「やり抜きのメカニズム」が通じることが分かっております。

<新商品情報>
名  称:Japanese E-Learning
リリース:2018年12月~
プラン:入門1プラン10レッスン(到達レベル N5マイナス レベル)
入門2プラン10レッスン(到達レベル N5レベル)
初級1プラン10レッスン(到達レベル N4マイナス レベル)
初級2プラン10レッスン(到達レベル N4 レベル)
※レベルについては、漢字の習熟度は除きます。
受講期間:3か月
申し込み単位:法人
対象受講者:英語圏 または 英語で日本語が学べる人